京都吉祥庵

ブランド紹介

kisshoan

京都吉祥庵(きょうときっしょうあん)

原料そのものが持つ「チカラ(源)」を信じ、
飽く事なき良き素材を求め、余計なものを出来る限り排除し、
美味しさをシンプルに考え伝えていきたいと思います。
そこには自然本来の美しさ、聞こえてくる季節の音や香り、
手触り、そして、自然本来の味が響きあい、
五感の総合芸術といわれる「和菓子」のおもてなしの心と、
常に新しい素材を求める冒険心を組み合わせることで、
今お届けできる一番の美味しさをお届けできると考えております。
初代北川源左衛門の想いを受け継いでいきたい。

GENYA

ページトップへ戻る

吉祥菓寮

初代北川源左衛門が桂離宮横に菓子茶房を構えたのは、
江戸時代中期のこと。

それから13代のち、 1934年北川徳次郎が京都で「桂華堂」を創業いたします。 徳次郎の父や祖父、そのずっと前から続くお菓子の道を引き継ぐために。 そして、当時まだ珍しかった「煎り大豆」を節分豆として売り出しました。 見た目にシンプルな、大豆を煎っただけのお菓子。 そのシンプルな煎り大豆を作るのに、実に5日の手間をかけて。

京都東山の地に開店した「吉祥菓寮」は初代から数えて16代。
この「煎り大豆」のように、シンプルな中にもこだわりが凝縮された味を
追い求めております。

吉祥菓寮

ページトップへ戻る

京都吉祥庵

copyrights © 2005-2011 京都吉祥庵 All Rights Reserved